白い歯、ホワイトニング 白くなる ? 安全? ホワイトニングの方法とは!|越前市の歯医者「あさざわ歯科医院」

コラム

カテゴリー:

白い歯、ホワイトニング 白くなる ? 安全? ホワイトニングの方法とは!

  • 歯の豆知識

 

このコラムを書いた人

歯科衛生士 NK

あさざわ歯科、歯科衛生士のNKです。

むし歯や歯周病から歯を守っていく大切さをより多くの患者様に伝えられるように、日々、勉強をしていきたいと思っております。

安心して治療やクリーニングを受けて頂ける環境づくりを目指します!

 

 

 

◆ホワイトニング歯科 白くなる? 安全? ホワイトニング徹底解剖!!

 


 

 

こんにちは! 歯科衛生士のKNです。

今年はマスクを取った、美しい「口元」に挑戦しませんか!

すてきな出会いが待っているかも!

 

 

1.歯の色が気になる!!

2.歯を白くする?

3.どうやって歯の色調が変わるの ?

4.ホワイトニングって安全なの?

 

 

 

 

 

 

◆歯の色が気になる!!

 


 

 

・初めて合った時の外見はとても重要!

メラビアンの法則にもあるとおり!

人の印象は見た目が半分以上を占めるそうです!!

 

 

・第一印象を左右する「口元」は顔の中でも目に次いで

注目率の高いパーツだと言われています。

 

 

 

 

 

 

◆歯の色が気になる!!

 


 

 

・ジーシーの国民意識調査によると6割以上の方が

歯の色に不満をもっているということがわかります。

  

ここ数年「歯の見た目」に興味を持たれる方は

幅広い年代で増えてきています。

 

 

 

 

 

 

◆ホワイトニングで 5歳 若く見える !!

 


 

 

・イギリス男女の2000人を対象とした調査では、

歯が白い人は実年齢よりも5歳くらい若く見えるという結果が出ています。

白い歯・・・憧れますよね!

 

 ⇒ 

 

 

 

 

 

◆歯を白くする?

 


 

 

・歯の表面についた汚れによる着色は、正しいブラッシングによる

歯みがきである程度防ぐことができますが、それでも着色がある場合、

歯科医院で行う「クリーニング本来の歯の色に戻すことができます。

 

本来の歯よりも白くしたい場合はホワイトニングを行います。

茶渋がついた陶器を漂泊するイメージですね!

 

 

 

 

 

 

◆ホワイトニング手法

 


 

 

1.オフィスホワイトニング

 

場所: 歯科医院

方法: 歯に濃度の濃いジェルを塗布し、特殊な光をあてて歯を白くする。

利点: 1回で白くなる。短期間に確実なホワイトニングができる。

欠点: 4~6万円と費用が高め。

成分: 30~35%の過酸化水素 ( FDA:米国食品医薬品局で安全が認められている )   

    最近は触媒により濃度が薄いものもある。

 

 

 

 

2.ホームホワイトニング

 

場所: 家

方法: 自分専用のマウスピースを作り、トレー内にジェルを塗布して自宅で装着する。

利点: 白さが継続しやすい。しみにくい。

欠点: 2週間、毎日2時間以上継続しなければならない。時間がかかる。

成分: 10~35%の過酸化尿素 (日本は10%) FDA で安全性が認められている。

 

         

 

 

 

 

 

◆失活歯 (神経がない歯) には?

 


 

 

3.ウォーキングブリーチング

 

場所: 歯科医院

利点: セラミックよりは安価

欠点: 1ヶ月以上通わないといけない 歯の形が残っていないと適応できない。

成分: 過ホウ酸ナトリウム、30~35%過酸化水素水

 

 

 

 

 

 

◆どうやって歯の色調は変わるの?

 


 

 

・歯の着色には次の大きく分けて2種類あります。

 

①外部ステイン: 歯の表面に着色している汚れなど

②内部ステイン: 歯のエナメル質に出来てしまったマイクロクラックの間についた汚れや、象牙質の着色など

 

 

外部ステインの一致部は歯磨き粉やマウスウォッシュの使用で取り除けるかもしれませんが、

歯面に長期的にこびりついた汚れや内部的なステインは

歯科医院で行うプロ用のホワイトニングでなければ落とすことはできません。

 

 

 

・歯科医院のプロ用ホワイトニングとは、一般的に

過酸化尿素もしくは過酸化水素を含むホワイトニング剤を使用した方法です。

 

 

それらの中に含まれる酸素が歯の中で動き回ることで

ステインの原因なっている色素群を分解していきます。

 

 

 

 

 

◆ホワイトニングって安全なの?

 


 

 

・薬剤の効果で一時的にしみることがある。

「ホワイトニングが歯を白くしてくれるのは分かったけど

歯にダメージをあたえるんじゃないの?

 

そう思われる方も、もしかしたらいるかもしれません。

 

 

・先ほどの 過酸化尿素 と 過酸化水素 は歯の着色原因の色素と結合することによって

色化をしているので歯を溶かしたり、歯の構造を変えることはありません。

 

ただ、薬剤によって歯の薄い部分や欠けている部分から神経に伝わりしみることがありますが、

一時的であり、継続して続くものではありません。

 

 

 

 

 

 

◆白くなるだけじゃない!実はお口の健康も守ってくれる !!

 


 

 

・2011年、神奈川歯科大の研究によると 

ホワイトニング薬剤として使われる過酸化水素(30%)作用させた歯は、

させていない歯より唾液中のミネラルによる

安定した再石灰化(溶けた歯を修復する機能)が起こることが確認されています。

 

 

・また、ホワイトニングで使われる過酸化水素過酸化尿素はもともとは

歯周病菌に対して殺菌、消毒力を期待して使われていたそうです。

 

そのことを考えると歯周病改善にも効果が期待できると言ってもいいかもしれません!!

 

ホワイトニングによって歯が白くなることでお口への関心も高まって、

普段のケア、メンテナンスにも力が入りそうですね!!

 

 

歯のトーンが明るくなると自然と笑顔に自信が持てて、

きっと気持ちもポジティブに生き生きできるでしょう!

 

2021年心機一転!!

ホワイトニングをしてみるのもいいかもしれませんね!!

 

 

 

 

 

◆当院をご活用ください

 


 

 

・あさざわ歯科医院では、最新ホワイトニング法を採用して、

下記のように応援価格でホワイトニングを施術しております。

 

詳細など、お気軽にお問い合わせください!

 

 

PMTC (クリーニング)  ¥4,180~ (税込み) 

 

 

 

 

 


 

当院のホワイトニング治療について、ぜひこちらのページもご確認ください!

 

・審美治療・ホワイトニング

 


 

Web予約はこちら

ページトップへ戻る