歯石の正体って!? ~歯石のつかない歯になろう~|越前市の歯医者「あさざわ歯科医院」

コラム

カテゴリー:

歯石の正体って!? ~歯石のつかない歯になろう~

  • 歯の豆知識

 

このコラムを書いた人

歯科衛生士 MT

あさざわ歯科、歯科衛生士のMTです。

一人でも多くの方が、健康的な歯で幸せな生活を送れるよう治療に対する不安や恐怖を和らげ、安心して治療を受けて頂くために、日々勉強をしていきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

歯石ってなんとなく悪い物」「取らなくてはいけない物というのは分かっているけどどんな物なのか、なんで出来てしまうのかはよく分からない」 という方が多いです。

今日は歯石についてのお話です。

これを読んで歯石の付かない歯を目指していただければ嬉しいです!

 

 

 

◆歯石は悪者じゃない!?

 

歯石自体は悪さをしません! 「えっじゃあ取らなくてよくないですか?」

実は歯石の機能に問題があるのです。

 

歯石は唾液中のカルシウムなどが歯垢(プラーク)に沈着して石のようにこびりついたものをいいます。たくさん穴があいており、ざらざらしているので、細菌が住みつき、歯周病、むし歯、口臭のリスクが高まります。

つまり、歯石が悪いというよりは虫歯菌や歯周病菌に対して足場を与えてしまうことが歯石のよくないところなんです。

 

 

 

◆歯石は自分では取れない

 

まず、硬くこびりついている歯石は歯ブラシでは絶対に取れません!

最近では自分で歯石をとるような器具も販売されているようですが、あやまって歯を傷つけてしまったりするとその傷にまた汚れが付きやすくなってしまいます。

歯石は歯科医院で専門のスタッフが専門の器具を使って除去することをオススメします。

 

 

 

◆歯石を防ぐのは意外と簡単

 

歯石を付かなくするというのは大変そうに思われますが、歯石のことを知っていれば意外と簡単です!

歯石は歯垢(プラーク)が2、3日で石灰化してできる

個人差はありますが、細菌のかたまりである歯垢が2,3日放置されると歯石になっていきます。つまり、歯石が付かなくするには【歯石になる前に除去】が大切!2日に1回は 念入りな歯磨きを行えばいいのです!

※特に寝ている間は唾液の分泌が減って細菌が増殖しやすいので 夜の歯磨きを念入りに行うことをオススメします!

 

 

 

◆歯石が付きやすい場所を知る

歯石が付きやすい場所は決まっています。歯石は唾液のカルシウムイオンやリン酸イオンと反応してできるので唾液の出口がある「上顎の奥歯の外側」「下顎の前歯の内側」につきやすいです。

【歯石が付きやすい場所】

 

また、歯と歯のすき間は歯ブラシの毛先が届かず汚れが落ちにくいので歯石もできやすいです!しっかりとフロスや歯間ブラシでケアしましょう!

 

 

 

◆定期健診では普段の歯磨きをチェックしてもらう

よし、じゃあ今日から1日1回はしっかり歯磨きをしよう!と頑張っても 初めから100%上手に歯磨きできる人はいません。

 


 

まずは、歯石を全部取ってもらう

歯磨きを頑張る

定期健診で自分が取りきれなかったところをお掃除してもらう

残っていたところを次回の定期健診までに意識的に磨くようにする

 


 

というように、歯科医院でチェックをしてもらいながら歯磨きのスキルをアップしていくことが大事です!

 

 

 

◆歯肉縁下歯石

歯石はずっと放置していると歯ぐきの下の方まで出来てしまいます。

これは歯肉縁下歯石と呼ばれ、血液成分等も取り込みながら作られるので黒っぽい色をしています。

縁下歯石は特に歯周病菌が住み着きやすく、増殖して毒素をだし、歯ぐきが腫れたり、骨を溶かして歯がグラグラしてしまう!なんて恐ろしいことにもなります

歯石はなるべく出来てしまったら早めに除去することが大切ですね!

Web予約はこちら

ページトップへ戻る