「フッ素配合ハミガキ」の上手な選び方と使い方|越前市の歯医者「あさざわ歯科医院」

コラム

カテゴリー:

「フッ素配合ハミガキ」の上手な選び方と使い方

  • 歯の豆知識

 

このコラムを書いた人

歯科衛生士 M T 

あさざわ歯科、歯科衛生士の M T です。  一人でも多くの方が、健康的な歯で幸せな生活を送れるよう治療に対する不安や恐怖を和らげ、安心して治療を受けて頂くために、日々勉強をしていきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

こんにち!歯科衛生士のMTです。

みなさん、前回の歯磨きのうがい気をけていますか ? 

 

今まで損をしていましたね。

今日は前回に引き続き、フッ素の効果で虫歯を予防する

フッ素配合ハミガキの上手な選び方と使い方ついてのお話しです。

 

 

 

 

 

 

 

フッ素」で大人も子どももむし歯のない歯を目指そう

 


 

 

 

・フッ素(フッ化物)でむし歯予防をするのは子どもだけ思っていませんか? 

 

・実は、大人にもフッ素は重要なのです。

歯周病や加齢などで露出した歯の根元の部分にできる「根面むし歯」や、

治療で詰めたものの周囲にできる「二次むし歯」など

大人には「大人ならではのむし歯」があります

 

 

・もちろん大人のむし歯予防にもフッ素は有効です

 

・今日は、大人にも子どもにも、むし歯予防に欠かせない

フッ素配合ハミガキ」の上手な使い方について お話しします

 

 

 

 

 

 

身近な食品、歯や骨にも含まれる「フッ素」とは

 


 

 

 

フッ素」は自然界に広く分布している元素の1つで、

土壌、地下水、海水はもとより、海中で暮らす魚介類や海藻、

育つ穀物、野菜、果物、お茶など、

日本人に身近な多く食品にも含まれています

 

 

・こうした食材を取り入れる私たちの歯や骨、血液に

フッ素含まれており、健康からだづくりに欠かせない役割を果たしています。

 

 

 

 

 

 

むし歯予防」に役立つフッ素の3つの働き

 


 

 

 

・むし歯は虫歯原因菌が出す酸によって歯が溶ける病気です

ハミガキなどに配合されている「フッ素」は、

「むし歯予防」役立つつの働きがあります

 

 

・① 「再石灰化」を促進する

酸により歯から溶け出したカルシウムやリンの再沈着(再石灰化)を促進します。

歯の表面に穴があいたむし歯になる一歩手前の状態である

「初期むし歯」を健康な状態に戻す助けとなります。

 

 

 

・② 歯質を強化する

歯の表面を酸に溶けにくい性質にします。

特に乳歯や生えたての歯は酸に弱いので

「フッ素配合のハミガキ」使い、歯質強化に努めましょう。

 

 

 

・③ 細菌が酸をつくり出すのを抑制する(細菌の酸産生抑制)

歯みがきで落としきれなかった、歯垢の中の虫歯原因菌の働きを弱め、

原因菌が作る酸の量を抑えます。

 

 

 

 

 

 

 

フッ素を使ったむし歯予防の方法

 


 

 

 

フッ素を使ったむし歯予防はどんな方法があるのでしょうか?

大きくは、フッ素を体内に取り入れる「全身応用」と

フッ素を歯に直接作用させる「局所応用」の2つに分けられます

 

 

・「局所応用」には歯科医院で歯にフッ素を塗ってもらうフッ素塗布、

自宅でも使用できる「フッ素配合ハミガキ」「フッ素洗口剤」ケアする方法などがあります。

 

 

 

 

 

 

 

フッ素配合ハミガキ」のフッ素配合量と見分け方

 


 

 

 

・現在市販されているハミガキのうち90%以上にフッ素が配合されています。

多くの人がフッ素配合ハミガキを使っているわけです。

 

このように広く普及しているフッ素配合ハミガキですが、

従来、フッ素配合ハミガキに配合されるフッ素の量は1000ppm以下となっていました

 

 

 

・しかし、最近では1000ppm1500ppm以下」の、

より多くのフッ素を配合した「高濃度フッ素配合ハミガキ」も販売されています。

 

これは、諸外国で採用されている国際基準(ISO)と同じく

フッ素が1500ppmを上限として配合された

製品の販売が2017年3月に認められたものです

 

 

「高濃度フッ素配合ハミガキ」パッケージのどこかに

フッ素配合濃度の記載がありますので、見分ける際の目印にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

フッ素配合ハミガキの選び方と注意点

 


 

 

 

・ハミガキに配合されたフッ素は磨いているの効果に加え、

磨いたも、口の中の歯や粘膜に残ったフッ素が

少しずつ唾液にまざり効果を発揮し続けます

 

 

・そのため、効果的にむし歯を予防するためには、

長い時間フッ素が口の中にとどまっていることが大切です。

 

フッ素が配合されたハミガキは数多くありますが、

フッ素を口の中に長く残す工夫がされたハミガキを選ぶことがポイントです

 

 

 

・また、むし歯になったことのある方や歯の根元の露出が見られる方など、

むし歯リスクの高い方は、必要に応じて高濃度フッ素配合ハミガキを活用しましょう

 

 

・なお高濃度フッ素配合ハミガキも使い方は同じですが、

6歳未満の子どもへの使用は控え、手の届かないところに保管して下さい。

 

 

 

 

 

 

フッ素配合ハミガキ」の上手な使い方 

 


 

 

 

・フッ素配合ハミガキを効果的に使用するために「使用量」や「すすぎ方」に気を配りましょう。

 

 

①年齢に応じた量のハミガキをつける

大人の場合cmが適量です

年齢別の使用量の目安の表ご覧ください

 

 

②ハミガキを全体に広げる

ハブラシを口に入れた場所からすぐ磨き始めるのでなく

まずハミガキを歯面全体に塗り広げましょう

 

 

③歯をみがく

3分間、泡立ちを保つようにして磨きましょう。

 

 

④ハミガキ吐き出す (うがいは1回のみ)

の中のハミガキを吐き出します

この時、できるだけハミガキを吐き出すことで、

あとのすすぎが少ない水行いやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

むし歯予防には継続して使うのがポイント

 


 

 

 

フッ素のすぐれたむし歯予防効果は、毎日コツコツ使うことで得られるもの。

飲食などで口内環境は変化し、歯はむし歯のリスクにさらされます

 

 

・だからこそ、毎日のケアでフッ素をしっかり取り入れ、

継続的にむし歯予防に努めることが肝心です。

 

手軽に取り入れられる「フッ素配合ハミガキ」ぜひ活用しましょう。

 

 

 

参照

 

 

 

・いかがでしたか

「フッ素」利用したむし歯予防について理解が深められたでしょうか

 

 

・歯科医院で「フッ素塗布」子供が行うものというイメージがありますが

大人でも必要に応じてしてもらえますので、

に2回は歯科健診受け、プロのチェックを受けることおすすめします

 

 

・フッ素を上手に使って、大人も子供もむし歯のない歯を目指しましょう

 

只今、あさざわ歯科医院では「大人の定期健診」を受けられ方は

無料で「フッ素塗布」を行っております!!

 

 

 

 

 

 

 

◆定期健診、診察のご予約、お問い合わせは ⇒ こちら から

(ご予約して頂いたほうが、待ち時間少なく診察させて頂くことができます)

 

 

※予約完了時はメールで返信させて頂きます。

当院からのメールが迷惑メールフォルダに受診される場合がありますので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 


 

 

当院のフッ素塗布、歯科診療について是非こちらもご覧ください!

 

・予防治療について

・フッ素塗布のメリット、デメリット

 

 


 

 

 

 

Web予約はこちら

ページトップへ戻る