歯の強さは生まれる前から決まる !?|越前市の歯医者「あさざわ歯科医院」

コラム

カテゴリー:

歯の強さは生まれる前から決まる !?

  • 予防・ホームケア
  • 小児歯科
  • 歯医者さんの耳寄り情報
  • 虫歯・歯周病

 

このコラムを書いた人

トリートメント・コーディネーター (TC) 

 

あさざわ歯科、トリートメント・コーディネーター (TC) の CT です。

むし歯、歯周病をより多くの方にも知って頂き、患者様一人ひとりにあったケアを提供できるよう日々努力していきたいと思っております。

お気軽にご来院下さい。

どうぞ宜しくお願い致します

 

 

 

 

◆歯の強さは生まれる前から決まる !?

 


 

 

 

こんにち

越前市のあさざわ歯科医院、トリートメントコーディネーター(TC)のCTです。

 

わたしは最近、思うのです、、

小さくて可愛い~お子さんがお口の中に虫歯だらけ、これから大人になってたくさんの人と出会って美味しいものを食べていくこの子達の将来のために歯を守ってあげたい!!と

 

・今日は、一人でも多くの方が歯を健康に保つために!

歯がたどる一生】をひも解いてみたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

歯の誕生!~歯の質を決定する時期とは?~

 


 

 

 

【1・妊娠2ヶ月頃】

歯は、実はお母さんのお腹にいる頃につくられるんです!

アゴ、舌の部分がつくられます。

 

 

 

 

【2・妊娠3~4ヶ月頃】

歯胚というものエナメル質をつくるエナメル芽細胞

象牙質をつくる象牙芽細胞がつくられます。

 

 

 

 

 

また、エナメル芽細胞 象牙芽細胞はこの時期の母親からもらったカルシウムやリンを使ってエナメル質、象牙質をつくるのです!

 

なので、これらが働いてくれないと正常な歯が作れなくなってしまいます!

→ エナメル質形成不全症や象牙質形成不全症へ

 

 

☆生まれるも丈夫な歯をつくるのに大切な時期ということですね!

 

 

 

 

 

 

小学校低学年までが勝負!~一生使う歯のために大切な時期~

 


 

 

 

【1・生後】

乳歯は生まれてから4~12ヶ月頃に完成します。

それと同時に、今度は、出生時から永久歯が形成されていきます。

 

 

 

 

【2・3歳~8歳】

乳幼児から小学生ぐらいまでで永久歯が生えそろってきます

ずっと使っていく大人の歯の質を決定する大切な時期です!

 

きちんと守って歯を形成するのに必要なカルシウムなどをとっていれば強い歯をつくることが出来ます!

 

 

 

 

 

 

生えてきた永久歯には危険がいっぱい!

 


 

 

 

ずーっと使っていく大切な永久歯ですが、

生まれたての歯には危険がいっぱいなんです!

 

 

 

【①エナメル質の厚さが薄い】

大人の歯は、分厚くて硬いエナメル質に守られていますが、生えたての歯は薄いのです!

 

 

 

【②石灰化度が低い】

大人の歯は、ご飯を食べて歯が溶けても、石灰化という作用で少し戻してくれます。

ですが、生まれたての歯はその力が弱いのです!

 

 

 

 

【③溝が深い】

生まれたての歯は小窩裂溝という溝が深いので、そこに虫歯が出来やすくなります!

 

 

 

 

【④うまく歯磨きができない】

最初から歯みがきを上手にできる人はいません!

小さなお子さんは、細かいところまで汚れがとれていないことがほとんど!

きちんと大人の方が仕上げ磨きをしてあげないとむし歯はすぐにできてしまいます。泣き!!

 

 

 

 

 

 

 

大人の歯を守るための対策

 


 

 

 

危険いっぱいの生まれたての永久歯がピンチです!

ではどうしたらよいのでしょうか?

 

 

 

【①フッ化物の塗布】

フッ素という言葉を聞いたことがありますね。

今やほとんどの人が塗っているフッ素予防意識の高まりにより、虫歯になってしまうお子さんの割合は、ここ40年ほどで減りました。

 

 

定期的にフッ素塗布を行ってあげることで虫歯の予防になります!

学校や保育園でフッ素洗口を積極的に行っている県もあるんです!!

 

 

 

【②シーラント塗布】

シーラントは先ほど説明した小窩裂溝という深く虫歯になりやすいやっかいな溝に

白いプラスチックの詰め物をして最初から虫歯菌を入れないようにする処置のことです。

いわゆる「バリア」ですね!!

 

 

保険適応で、少ない費用でできます。

特に、6歳臼歯(最初に生えてくる大人の奥歯) が生えてきたらなるべくされることをおススメします!!

 

 

 

【③歯医者さんで歯磨きの仕方を教えてもらう】

歯医者さんには「歯科衛生士」というお掃除のプロがいます!

これから大人の歯を守っていくためには何よりも毎日の本人が行う歯みがきが大切!!

正しい方法を学びましょう♪

 

 

また、歯みがき以外にもおやつの食べ方など一人ひとりに合ったむし歯になりにくい方法を教えてくれますよ☺

 

子供の頃から虫歯が多いと悪い歯並び偏食につながってしまったり、

治療の恐怖から歯医者に行くことが出来なくなってしまう子もいます。

 

できれば、なるべく歯を削らないように!

キラキラの歯で一生過ごしていってほしいなと思います!

 

 

 

 

 

 

◆まとめ

 


 

 

 

お子さまのお口の中の状態は、様々です

みがきやフッ素ハミガキ剤の効果的な使い方など疑問にもお答えします    

他にご質問や不安なことがあれば、どんな小さなことでもあさざわ歯科医院にお気軽にご相談にいらしてください。

 

 

・越前市のあさざわ歯科医院では “予防”を重視しており、お子さまのための予防歯科や治療完了後の定期健診を行っています。

お子さまの将来のために、小さな頃からいっしょに予防に取り組んでいきませんか!

 

 

 

 

 

◆診察のご予約、お問い合わせは ⇒ こちら から

(ご予約して頂いたほうが、待ち時間少なく診察させて頂くことができます)

 

 

※予約完了時はメールで返信させて頂きます。

当院からのメールが迷惑メールフォルダに受診される場合がありますので、ご注意ください。

(予約の状況。によって、お電話をおかけすることもございます)

 

 

 

 

 


 

 

当院の小児歯科治療について、是非こちらもご覧ください!

 

・小児歯科治療について

・小児歯科 子どもの乳歯と永久歯はママの妊娠中から?

・小児歯科 フッ素で子どもをむし歯から守る

・小児歯科 子どもの歯、仕上げみがきをオススメするのは何歳まで ?

 

 


 

 

 

Web予約はこちら

ページトップへ戻る