≪妊産婦無料歯科健診≫ 妊娠時のお口の中はバランスを崩しやすい!!|越前市の歯医者「あさざわ歯科医院」

コラム

カテゴリー:

≪妊産婦無料歯科健診≫ 妊娠時のお口の中はバランスを崩しやすい!!

  • 歯の豆知識

 

 

このコラムを書いた人

歯科助手 NK

あさざわ歯科、助手のNKです。

お口の中の健康は、身体、心の健康にもつながります。皆様が健康に毎日をお過ごし頂けるよう、精一杯サポートさせて頂きますのでご来院の際は宜しくお願い致します。

 

 

 

 

≪妊産婦無料歯科健診≫

妊娠時のお口の中はバランスを崩しやすい!!

 


 

 

 

1.妊娠期のお口の特徴

2.口腔清掃の不良によるお口の衛生状態の悪化

3.妊娠中の食習慣の変化

4.妊娠中の唾液の変化

5.妊娠特有のホルモン変化

 

自宅での口腔ケアとあわせて歯科医院で無料健診を受けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

◆妊娠期のお口の特徴

 


 

 

 

・妊娠期には、「つわりによる口腔清掃の不良」、「食べ物の好みの変化や間食の増加」、「唾液の量や性状の変化」、「ホルモン環境の変化(女性ホルモンの働きの活性化)」などが起こります。

 

・このような変化が、妊婦の歯と歯ぐきにトラブルをもたらす原因となります。

 

 

 

 

 

 

 

口腔清掃の不良によるお口の衛生状態の悪化

 


 

 

 

・妊娠初期には、多くの妊婦が“つわり”を経験します。

 

つわりには個人差があり、飲食などに影響しない軽度のものから、

吐いてばかりで脱水症状を引き起こし、点滴が必要になるものまで様々です。

 

 

・つわりがひどい時には、歯ブラシをお口に入れるだけで吐き気がして、

歯磨きどころではないといった声も聞かれます。

 

 

・また、妊娠中期からお腹が大きくなるにつれ、

日常の動作が緩慢となり、歯磨きなども面倒になりがちです。

 

妊娠前に毎食後の歯磨きをしていた人が、妊娠中には歯みがきの回数が減ったり、

歯みがきの時間が短くなるのも無理のない話です。

 

 

 

 

 

 

妊娠中の食習慣の変化

 


 

 

 

・妊娠中には、食生活が乱れがちになります。

例えば、つわりによって食欲が減退する人もいれば、逆に間食が増えてしまう人もいます。

 

 

・特に妊娠中期以降、子宮が大きくなることで常に胃を圧迫し、

一度に必要な量の食事が摂れなくなり、それを補うための「ちょこちょこ食べ」や、

「だらだら食べ」が増えてしまいます。

 

 

・また、酸味の強い酸っぱい食品や、市販の清涼飲料水、

さらに甘味菓子などを飲食する回数が増える傾向にあるようです。

 

・こうした食習慣の変化から、歯や歯ぐきのトラブルを招くことが知られています。

 

 

 

 

 

 

 

妊娠中の唾液の変化

 


 

 

 

・唾液には、食べ物の消化を助ける働きのほかにも、色々と大切な作用があります。

 

例えば、食べ物のカスを洗い流す「洗浄作用」

酸性に傾いたお口の中を中性に戻してPHを一定に保つ「緩衝作用」

唾液の中に存在する物質が病原微生物に抵抗する「抗菌作用」などがあります。

 

 

・さらに、唾液はカルシウムを含んでおり、

これが歯に取り込まれて【再石灰化】することで、初期のむし歯の修復に役に立っています。

 

このように、唾液はお口の中を健やかに保ち、歯や歯ぐきを守ってくれているのです。

 

 

・妊娠中に唾液量が減ってしまうと、「洗浄作用」や「抗菌作用」が弱くなり、

虫歯の原因菌が増えることにつながります。

 

さらに、一部の妊婦では唾液が酸性側に傾いており、

そうした変化でもむし歯が生じやすくなると考えられます。

 

 

 

 

 

 

妊娠特有のホルモン変化

 


 

 

 

・妊娠中には、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの働きが活発です。

これは、胎児の発育に欠かせない母体の重要な変化なのですが、

歯や歯ぐきにとっては、必ずしも良いことだけではないようです。

 

 

・ある種の歯周病菌が、女性ホルモンによって発育を助けられ、

口腔内でその数を増やすことが分かっています。

これも、歯ぐきにトラブルを起こす原因の一つになります。

 

・このように、妊婦のお口の中はむし歯や歯周病になりやすい条件が重なっているので、

妊娠中は普段以上に口腔ケアをしっかりとしたいものですね。

 

 

 

 

 

 

◆自宅での口腔ケアとあわせて歯科医院で定期健診を

 


 

 

 

・このように、妊娠するとホルモンの変化で唾液の分泌が減り、

口腔内の防御性能が低下し酸性になりやすくなります。

 

 

・その結果、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。

 

妊娠中の治療は心配かもしれませんが、

歯科治療に使用する麻酔はごく少量の局所麻酔ですので、胎児に影響はありませんし、

レントゲンも防護エプロンを着用すれば、問題ありません。

 

 

産後は忙しくなるので、

妊娠中に積極的に歯科医院に行って、治療することをオススメします。

 

 

ブラッシングだけでは取りにくいプラーク(歯垢) には、

歯科医院でのクリーニングやフロス・歯間ブラシなどでキレイにしましょう。

 

 

 

 

 

 

◆妊産婦(無料)歯科健診を受けましょう!

 


 

 

 

・あさざわ歯科医院のマタニティー歯科では、マイナス1歳

からのむし歯予防として産前産後の妊婦さんを応援します!!

 

 

 

受診方法

 

①事前に予約して下さい。妊産婦歯科健診の予約ですと申し込んで下さい。

②受診の際には「母子手帳を持参」し、受付に提示して下さい。

③母子手帳を受け取ってから「産後年まで」無料で歯科健診が受けられます。

 

 

 

 

 

 


 

 

当院の妊産婦健診について、ぜひこちらのページもご確認ください!

 

・妊産婦健診について

・≪無料≫妊産婦歯科健診のお知らせ

・子どもの乳歯と永久歯はママの妊娠中から?

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

Web予約はこちら

ページトップへ戻る