えっ! 抜歯で麻酔が効かない!? そんな時・・・|越前市の歯医者「あさざわ歯科医院」

コラム

カテゴリー:

えっ! 抜歯で麻酔が効かない!? そんな時・・・

  • 口腔外科
  • 歯の豆知識
  • 歯医者さんの耳寄り情報

 

このコラムを書いた人

あさざわ歯科医院院長 浅澤 清隆

あさざわ歯科、院長の浅澤清隆です。

私は地域のかかりつけ医として、

また、日本口腔インプラント学会専門医として、

日本の成人80%以上が罹患しているといわれる歯周疾患に精通し、

地域の皆様のお口の中の健康向上に寄与したいと思っております。

宜しくお願い致します。

抜歯で麻酔が効かない? そんな時・・


 

みなさん、こんにちは!

越前市、あさざわ歯科院長 浅澤清隆です。

 

今年は、暑い夏と豪雨が続いていましたが、

やっと過ごしやすい季節になってきました。

これからは、健康な身体を作り,

元気に過ごしていきたいものです。

 

本日は、抜歯で麻酔が効かない!? そんな時・・・」

についてお話していきたいと思います。

 

 

 

◆抜歯で麻酔が効かない!? 


 

「そんな恐ろしいことがあるの!?」という声が聞こえてきそうですが、

実際に麻酔が効かないことはございます!

 

そこで今回は、『日本口腔インプラント学会所属 専門医であり、

インプラント施術39年の浅澤清隆』 が

抜歯で麻酔が効かない!? そんな時・・

についてお話していきます。

 

頻繁にあるわけではないですが、年に1~2人程

全く通常の麻酔が効かない人がいます。

お酒が強い人は効きにくいだとかなんだとか言わ

れてますが、原因はよくわかっていません。

 

そんな時どうするか? 諦めるのか?

そもそも歯科麻酔の種類についてご説明します。

 

 

 

◆歯科で扱う麻酔の種類について


☆浸潤麻酔  (しんじゅんますい)

 

よく行われる一般的な麻酔です。

 

施術する部位の近くに麻酔薬を直接入れることで、

浸潤 (しみわたらせて) して麻酔薬を効かせます。

 

これで99%の人は、効くのですが、稀に全く効かない人がいます。

そして、効かない場合は、ほぼ下顎であることが多いです。

 

 

 

 

歯科で扱う麻酔の種類について


 

実は、骨には、目に見えない孔があいているのですが、

下顎は上顎と違って、骨が緻密 (ちみつ) にできているため、

薬を入れても浸潤 (しみわたって) していかないことが多いのです。

 

これは、奥歯に行けば行くほど、

その傾向が強くなり、また年齢が上がるほど

骨も固くなっていきますので、

ご年配の方の下顎の親知らずはやっかいです。

 

骨が硬いと、抜歯するのも時間がかかったりします。

 

 

 

 

歯科で扱う麻酔の種類について


☆伝達麻酔  (でんたつますい)

 

伝達麻酔とはその名の通り、伝達して麻酔をします。

 

先ほどお伝えした通り、麻酔が効かない場合は、

下顎の場合が多いので、下顎にしかやらない方法です。

 

実は、下顎の歯の神経支配は

一本の太い神経 (下歯槽神経)が支配しています。

 

下顎の中に太い神経 (下歯槽神経) が入っており、

その神経から分岐して、それぞれの歯の神経を

支配しているので、その太い神経 (下歯槽神経)

ごと 麻酔させようということです。

 

◆歯科で扱う麻酔の種類について


 

太い神経 (下歯槽神経) はちょうど頬の内側あたりに、

下顎孔という穴が空いていて、その穴から骨の内部に入り込み、

そのまま顎の内部を進み、下の前歯のあたりに、オトガイ孔

という穴があるのですが、そこから外に出て下の前歯あたりの

歯ぐきを支配しています。

 

下顎孔とオトガイ孔は、この神経繊維

が出入りしているだけあって、肉眼で

もはっきり見ることが出来ます。

もちろん、解剖でのお話ですが・・・・。

 

 

 

 

◆歯科で扱う麻酔の種類について


 

太い神経 (下歯槽神経) は骨の内部で、分枝をして、

下の歯の半分や、歯ぐき、唇、そして舌も支配しております。

 

左右で別々の太い神経 (下歯槽神経) が走向しているので、

右側を麻痺させると、右側の太い神経 (下歯槽神経) から

分枝している範囲すべてが麻痺されます。

 

具体的には、右側半分の歯と一部分の

歯ぐきと右側半分の舌が麻痺されます。

 

この神経は、感覚性の神経で、

運動性の神経繊維はないので、

麻痺されるのは感覚だけで、顔の形

が変わったりすることはありません。

 

 

 

 

歯科で扱う麻酔の種類について


 

かなり、強力な麻酔になるので、滅多にやることはないのですが、

どうしても麻酔が効かない場合は伝達麻酔をすることがあります。

 

ちなみに、この太い神経 (下歯槽神経) は、親知らずを抜く時に

非常に近くを走行していることがあるので、抜歯時に誤って

傷つけてしまうと、上述した麻痺状態が出る方がいます。

 

切断や物理的な損傷で神経繊維を傷つけてしまった場合は、

原則的に治癒することはありますが、非常に長い期間(1年前後)

を要しますので、注意が必要です。

 

その他、麻酔時の注意事項としては、近くを血管が走行しているので、

血管に麻酔薬が入らないように慎重に行う必要があります。

 

 

 

 

歯科で扱う麻酔の種類について


☆静脈内鎮静 (じょうみゃくないちんせい)

 

今の所、伝達麻酔しても聞かないことはありませんでしたが、

心理的に歯科恐怖症がある方や、まだ出会ったことはないですが、

上顎で麻酔が効かない人がいた場合は、歯科の全身麻酔

(静脈内鎮静)という方法もございます。

 

静脈内鎮静は、全身麻酔のように腕の血管に直接薬を流し込む

方法で、本当に全身麻酔に近いので、ご希望される場合は、

大学病院などをご紹介いたしますので、ご相談いただければと思います。

 

 

いかがでしたか? 抜歯で麻酔が効かない!? そんな時・・

について理解が深められたでしょうか。

 

越前市あさざわ歯科医院の無痛麻酔法では、

まず、表面麻酔のシールを貼ってから

体温の37℃に温められた麻酔薬

電動麻酔器ゆっくりゆっくり一定の

圧力で注入していくため、ほとんど痛み

を感ずることはありません!

 

   安心されて 快適な環境で 

 クリーニングや治療をお受け下さい ♪

 

 

 

越前市あさざわ歯科医院、院長浅澤清隆でした。

 

 

◆診察、歯科健診のご予約、お問い合わせは ⇒ こちら から

(ご予約して頂いたほうが、待ち時間少なく診察させて頂くことができます)

 

 

※予約完了時はメールで返信させて頂きます。

当院からのメールが迷惑メールフォルダに受診される場合がありますので、ご注意ください。

(予約の状況。によって、お電話をおかけすることもございます)

 

 

 


 

 

当院が作成したコラムのバックナンバーです。是非ご覧ください!

 

インプラントは、ここに注意! 歯科医院選び 4つのポイントとは ?

「怖くないですよ!」 無痛歯科治療 痛みの少ない麻酔方法について

抜歯が不安!【歯を抜く前・後】知っておきたいこと

 

Web予約はこちら

ページトップへ戻る